Skip to content

LoLの「バグ報奨金プログラム」

LoLの「バグ報奨金プログラム」なるシステムの記事が Game*Sperk に出ており面白かったので紹介してみる。

相変わらず挑戦的な課題を次々に繰り出す Raiot Games の面白い取り組み

数あるオンラインゲームの中でも屈指の人気を誇るMOBAタイトル『League of Legends』。本作を開発しているRiot Gamesは、現在クローズベータテストを行っている「バグ報奨金プログラム」の情報を公開し、その始まりと概要を明かしました。

ある日、『League of Legends』のウェブサイトで、Riot Gamesが見逃していた脆弱性が発見されました。その脆弱性はオーストラリア、シドニーに住むセキュリティエンジニアJamieson O’Reilly氏が発見したもので、フォーラムユーザーの個人情報を盗み、偽の記事を作成することができるなど、放っておくとフィッシング詐欺などに悪用されていたかもしれない深刻なものでした。

彼はRiot Gamesにその脆弱性についての調査結果を提出したものの、そのメールがセキュリティチームに届き、対処が行われるまでに1週間の時間がかかってしまいました。また、同社は脆弱性の発見者である彼に報いるためのシステムを持っていませんでした。

最終的に脆弱性は修正されましたが、Riot Gamesは対処するまでの時間の長さや報告者に報いるシステムの欠如を問題とし、状況を改善するために「バグ報奨金プログラム」を導入しました。2013年4月からクローズドベータテストを行っている本プログラムでは、限られた特定のセキュリティエンジニアが参加しており、開発者と円滑なコミュニケーションを取って、報告された脆弱性に対して迅速に対応できるようになっています。報告から報奨金の支払いまで24時間以内に行われた例もあったようです。
バグ報奨金プログラムは一定の成果をあげており、これまでにクライアントクラッシュや脆弱性など75以上のバグが報告され、10万ドル以上の報奨金が支払われてきました。現在、本プログラムは、自分のアカウントや他人のアカウントで脆弱性を試していないことなどのルールや報奨金を受け取る資格といったガイドラインが定められており、慎重に運用されています。また、同社はバグ報奨金プログラムを全体へと開放する準備はできていないものの、すぐにコミュニティと情報を共有することが出来るとしています。

http://www.gamespark.jp/article/2014/11/22/53184.html

世界のデジタルコンソール市場

世界のデジタルコンソール市場についての調査が SuperData Research のブログでレポートされており、2013 年は 20 億ドルで 1 億 8900 万人。2014 年は 25 億ドルで 2億700万人。

DigitalConsole-WW-market
http://www.superdataresearch.com/blog/us-digital-games-market/

2014年の世界のMMO市場はF2Pが牽引し+7.9%成長し244億ドル

世界のPC/MMO市場規模が約2兆8682億円(244億ドル)であると、2014年版の調査が newzoo.com で報告されたていた。下の画像を見てもらうと分かるように、それぞれの地域ごとに内訳ががあり、F2P(基本プレー無料)と P2P(基本プレー有料)で分類されており、F2Pゲームの伸びが大きく年間+7.9%の成長。2017年には307億ドルの市場になると予測されている。

世界のPC/MMO市場

世界のPC/MMO市場


http://www.newzoo.com/2014/pcmmo-gaming-revenues-total-24-4bn-2014/

見逃してしまった人の為のLoL世界大会の動画

Samsung White wins 2014 World Championship

LoL_world_Congrats_v3_SSW_960_0

少し前に行われていたLoLの世界大会の結果、サムスンホワイトが優勝。試合の様子も公式に youtube に動画があるので LOL はやっているけど世界大会とかプロの試合はそれほど興味がなくて見逃してしまった人は見てみると面白く感じるかもしれない。

第1試合


https://www.youtube.com/watch?v=gRVLvz0k8LI

(続きを読む)

LoLゲームのプレー人口

プレー人口の多いゲームとして知られる League of Legends のプレイヤー数についての Riot 公式の数字

2014年1月

  • アカウント数: 7,500万以上
  • マンスリープレーヤー数: 6,700万
  • デイリープレーヤー数: 2,700万人
  • 同時プレイプレイヤー数:750万人

2012年10月

  • アカウント数: 7,000 万以上
  • マンスリープレーヤー数: 3,200万以上
  • デイリープレーヤー数: 1,200万以上
  • 同時プレイプレイヤー数: 500万人

実際の Riot の画像はこちら
Kotaku.com でも紹介されている

2011年11月

  • アカウント数: 3,250万以上
  • マンスリープレーヤー数: 1,150万以上
  • デイリープレーヤー数: 420万以上

LoL世界大会決勝 :Samsung White (韓国) vs Star Horn Royal Club (中国)

Samsung White vs Star Horn Royal Club  LoL Esports

LoL(league of legends) の WSC(World Siphonist Championship) の決勝戦の対戦カードが Samsung White vs Star Horn Royal Club に決定。 それぞれのチームのページからメンバーなどが確認できる。北米、欧州、台湾などは決勝までたどり着けずに敗退し、今回の決勝は韓国チームvs中国のチームという構図になった。

Samsung White  LoL Esports
Samsung White
Star Horn Royal Club  LoL Esports
Star Horn Royal Club

決勝戦は 10月19日、日曜日に行われる。

世界のトップ25のゲーム会社を2014年上半期で集計

ゲーム専門の調査会社であるNewZooは最新の調査レポートで報告した、世界のトップ25のゲーム会社を2014年上半期で集計リスト。

top10PublicCompanies

1. テンセント (中国) +40%
2. エレクトロニック・アーツ (米国) +8%
3. アクティビジョン・ブリザード (米国) -12%
4. ソニー (日本) +20%
5. マイクロソフト (米国) -1%
6. アップル (米国) +64%
7. グーグル (米国) +111%
8. King.com (英国) +87%
9. ガンホー・オンライン・エンターテイメント (日本) +29
10. ネクソン (韓国) +6%
11. 任天堂 (日本) -2%
12. ユービーアイソフト (フランス) +114%
13. NetEase (韓国) +9%
14. ディー・エヌ・エー (日本) -31%
15. スクウェア・エニックス (日本) +45%
16. グリー (日本) -19%
17. ディズニー (米国) +42%
18. コナミ (日本) -3%
19. フェイスブック (米国) +10%
20. バンダイナムコゲームス (日本) +15%
21. NCソフト (韓国) +6%
22. セガ (日本) +10%
23. Changyou (中国) 0%
24. ジンガ (米国) -35%
25. テイク・ツー・インタラクティブ (米国) -27%

http://www.gamespark.jp/article/2014/10/04/52040.html

League of Legends 2014 World Championship 決勝トーナメントのチームが決定

League of Legends WCS の決勝トーナメントに進出する8チームが決定。決勝トーナメントは10月3日から19日にかけて行われる。グループステージの結果は予想通り韓国中国のチームが優勢で、ノックアウトステージが始まることになった。

LoL Esports  2014 Season

決勝トーナメント(ノックアウトステージ)進出したチームと国

Samsung White(韓国)
Team SoloMid(北米)

Samsung Blue(韓国)
Cloud9(北米)

Star Horn Royal Club(中国)
Edward Gaming(中国)

Najin White Shield(韓国)
OMG(中国)

予選グループでの勝敗

グループA
  1. Samsung White: 6勝0敗
  2. Edward Gaming: 4勝3敗
  3. ahq e-Sports Club: 3勝4敗
  4. Dark Passage: 0勝6敗
グループB
  1. Star Horn Royal Club: 5勝1敗
  2. Team SoloMid: 4勝2敗
  3. SK Gaming: 2勝4敗
  4. Taipei Assassins: 1勝5敗
グループC
  1. Samsung Blue: 5勝1敗
  2. OMG: 3勝3敗
  3. LMQ: 2勝4敗
  4. Fnatic: 2勝4敗
グループD
  1. Najin White Shield: 4勝2敗
  2. Cloud9: 4勝2敗
  3. Alliance: 3勝3敗
  4. KaBuM! e-Sports: 1勝5敗

http://na.lolesports.com/

LoL 日本語対応した日本サーバーの準備中

e-sports SQUARE ‏@e_sports_SQUARE

Riot Japan 乙部さんより日本のLoLプレイヤーへ嬉しいお知らせが!!「日本語日本サーバーの準備、進んでいる」#loljp #LeagueOfLegends #TGS2014

https://twitter.com/e_sports_SQUARE/status/512499611823398912

海外のネトゲを席捲し続けている快進撃のLoLが、ついに日本に進出する可能性が。日本語の解説が付いた動画なども同時に出されている。


https://www.youtube.com/watch?v=l6rrl7bOD_k

マイクロソフトが20億ドルで「マインクラフト」の買収協議中

mc-xboxone-logo-png

マイクロソフト、「マインクラフト」開発ゲーム会社買収で協議

 米マイクロソフトは、スウェーデンのゲーム会社モヤン買収に向け協議している。事情に詳しい関係者が明らかにした。モヤンは人気ブロックゲーム「マインクラフト」を開発したことで知られる。

 買収額は20億ドル(約2100億円)を超えるとみられ、週内に合意する可能性もあるという。

 マイクロソフトの広報担当者とモヤンのマネー最高経営責任者(CEO)はコメントを控えた。

 モヤンが買収されれば意外な展開だ。創業者のマルクス・ペルソン氏(35)は外部からの投資を避けており、大企業を厳しく批判することからビデオゲーム界で一目置かれている。

http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052970204707704580144493627853872

アメリカ人のゲーマー「男性51%女性49%」

doope.jp で紹介されていた NPD Group によるアメリカ人のゲーマー統計情報がとても面白かったので紹介してみる。

pie-chart-149727_640

NPDが提示したPCゲーマーの分類と定義

  • ヘビーコアゲーマー:コアゲーム(※ アクションアドベンチャー、格闘ゲーム、フライト、MMO、レーシング、RTS、ロールプレイング、シューター、スポーツゲーム)を週当たり5時間以上プレイするゲーマー
  • ライトコアゲーマー:コアゲームのプレイが週当たり5時間未満となるゲーマー
  • ヘビーカジュアルゲーマー:上記のジャンルに該当しない非コアゲームを週当たり5時間以上プレイするゲーマー
  • ライトカジュアルゲーマー:非コアゲームのプレイが週当たり5時間未満となるゲーマー

NPDが発表した調査結果の概要

  • 9歳以上のアメリカ人の37%がPCゲームをプレイし、週当たりの平均プレイ時間は6.4時間に達する。
  • 前述したPCゲーマーの分類のうち、ライトコアゲーマ層が全体の24%を占め最大セグメントとなっている。ヘビーコアゲーマー層は全体の20%。
  • 一方、ヘビーコアゲーマーは最も小さなセグメントとなったが、週当たりに費やされるプレイ時間は他のセグメントに比べて著しく多い。また、デジタルゲームとリテール品に費やす金額もセグメント中最大となり、カジュアル層の倍近い消費を記録している。
  • PCゲーマー全体の男女比は51%が男性、49%が女性となり、バランスは拮抗している。
  • PCゲーマーの平均年齢は38歳で、平均収入は69,000ドルとなっている。
  • 全体における男女比は拮抗しているが、ヘビー/ライトコアゲーマーが男性によって構成される一方で、ヘビー/ライトカジュアルゲーマーは圧倒的に女性の占める割合が多い。
  • 昨今におけるヘビー/ライトコアーゲーマーの消費規模はカジュアルPCゲーマーセグメントを超える状況となっている。
  • 2013年にPCゲーマーの46%がデジタル購入のためにサイトを訪問している。また、約半数のゲーマーが購入前にセールを待つ傾向にあるとのこと。
  • 統計調査はNPDのオンラインパネルメンバーを対象にオンライン上で行われ、2014年6月2日から6月16日まで実施された。調査対象は9歳以上の6,225名とPCゲーマー(※ PCもしくはMac上のゲームを現在プレイしていると回答した対象者)に分類された2,312名を対象としている。

http://doope.jp/2014/0936775.html

海外の有名ゲームニュースサイトが選ぶ15の基本無料のPCゲームベスト

海外の大手ゲームニュースサイト GameSpot * が選ぶ、The Best Free PC Games (基本無料のPCゲームベスト)という記事が面白かったので紹介。PCゲーム限定なので他のものは含まれていない。また順番には特に意味は内容で、GameSpot が Best だと思う無料の PC ゲームを箇条書きで紹介している。

2046709-610657_20130718_011
Dota 2
2
League of Legends
3
Smite
4
Path of Exile
5
Ghost Recon Phantoms
6
Rift
7
Star Wars: The Old Repubtdc
8
The Lord of the Rings Ontdne
9
PlanetSide 2
10
Team Fortress 2
11
World of Tanks
12
War Thunder
13
Tribes: Ascend
14
War of the Roses
15
Hearthstone: Heroes of Warcraft

http://www.gamespot.com/articles/the-best-free-pc-games/1100-6422039/

* アレクサのトラフィックの多いサイト400位以内に入るという超巨大ゲームニュースサイト

Riot – World Championship 2014

Worlds700x315

今や単体ゲームとしては、恐らく世界最大規模の PvP 大会となった LoLの大会「World Championship」が今年もやってきた。大会は2014年9月18日から始まり、優勝賞金も日本の大会では考えられない $ 1,000,000 。

■優勝賞金

1位 $ 1,000,000 € 748,565
2位 $ 250,000 € 187,141
3位 $ 150,000 € 112,285
5-8位 $ 75,000 € 56,142
9-12位 $ 45,000 € 33,685
13-16位 $ 25,000 € 18,714
Riot – World Championship 2014 – Leaguepedia – Competitive League of Legends Wiki
http://lol.gamepedia.com/Riot_-_World_Championship_2014
Welcome to the League of Legends 2014 World Championship! | LoL Esports
http://na.lolesports.com/articles/league-legends-world-championship-2014

WoW3ヶ月で80万人減少

MMOの中でも絶対王者として君臨していたWoWが最近プレイヤー数が減少しているという話。しかも、僅か3ヶ月で80万人というスピードでの減少である。今ゲーム市場では基本無料ゲーやMOBA系ゲームが猛威を振るう中、従来のMMOは大きく揺れているといえると思う。

World of Warcraft lost 800,000 subscribers during the April-June quarter, publisher Activision Blizzard announced today as part of its latest earnings report. As of June 30, the game had 6.8 million subscribers, which is down from the 7.6 million subscribers as of March 31.

http://www.gamespot.com/articles/world-of-warcraft-loses-800-000-subscribers-in-thr/1100-6421529/

日本語のニュース記事

MMO『World of Warcraft』のサブスクライバーが2014年4月から6月の3ヶ月間で80万人低下したことを明らかにしました。今年3月末時点では760万人存在したサブスクライバーですが、現在は680万人

『World of Warcraft』への加入が3ヶ月間で80万人減少、サブスクライバーは600万人台へ | Game*Spark – 国内・海外ゲーム情報サイト
http://www.gamespark.jp/article/2014/08/06/50547.html

もう一つの注目点:実は2011年頃から恐ろしいスピードで減少している

MMOの世界では絶対王者のWoWだが、実は2011年の記事でも既に同様の減少傾向と減少速度を記録したというようなニュースが出ていたりする。

アクティビジョンブリザードは7月から9月までの3ヶ月間、80万人の有料加入者が離脱し、総ユーザー数が1,030万人になったと発表した。これは6月30日の1,110万人から7.3%が減少した数値で、『ワールドオブウォークラフト』絶頂期に記録した2010年1,200万人と比較すると170万人ものユーザーが離れたことになる。

http://www.newsgame.jp/news/9/9288

The Witcher 3: Wild Hunt ゲームプレイデモ動画

CD Projekt RED による Wicher シリーズの続編。そしてCD Projekt REDも面白い事にポーランド。最近のゲームを見て思う事はポーランドは技術が、知名度に比べてかなり高いのではないかという事。

The Witcher 3: Wild Hunt – 35min gameplay demo


https://www.youtube.com/watch?v=xx8kQ4s5hCY